水分と油分のバランスが大切な乾燥肌の保湿

風や水で刺激を感じたり体調によって肌の状態が揺らいでしまったりすることが多い乾燥肌の人は、肌内部の水分が不足しているために肌のバリア機能が低下している傾向があるので、保湿をすることに加えて肌の細胞が蓄えた潤いを逃がさないように油分を補うことが大切です。 肌の細胞は水分をたっぷりと蓄えていると肌が本来持っている自分自身を守る働きのバリア機能を発揮することができますが、乾燥してしまうと角質の表面がめくれたりはがれたりしてしまうために、細胞内のうるおいが蒸発しやすくなり乾燥して刺激に弱くなってしまいます。 バリア機能を回復させるためには水分と油分の両方を補いながらバリア機能を壊してしまう原因になる刺激がある成分が含まれていない化粧品を選ぶこともポイントです。

肌の乾燥とバリア機能の関係について

乾燥肌で少しの刺激でも肌がすぐに赤くなり刺激を感じやすくなるという人や、メイクののりが悪くくすみが気になる人などは、肌内部が乾燥しているためにバリア機能が低下している可能性があります。 肌を構成しているひとつひとつの細胞には本来たっぷりと水が含まれており、正常に活動することができると自分自身を守る働きのバリア機能も正常に働くため刺激に強く、揺らぎが少ない健康的な肌状態をキープすることができます。 肌が内部まで乾燥してしまう原因のひとつが表面を覆っている皮脂などの油分が不足していることなので、水分の不足だけを補っても肌状態が回復しない人の中には油分とのバランスが取れていないことがよくあります。バリア機能を回復させたい乾燥肌の人はうるおいをキープするためのバランスを重視した化粧品選びが大切です。

保湿力が高い化粧品を使って乾燥対策

肌が乾燥しやすくあれやすい人は肌にたっぷりと潤いを補給することが大切です。肌の乾燥を防ぐためには、水分をたっぷりと補給することと補給された潤いをキープすることが必要なので、化粧水などを使ってたっぷりとパッティングしてから、表面を油分の薄い膜で覆うことができる乳液やクリームを使ったスキンケアをすることがおすすめです。 肌の乾燥で悩んでいる人の中には乾燥していることを自覚しておらずべたつきが気になるためにさっぱりとした感触の化粧品を選ぶ場合がありますが、乾燥した肌が自分自身を守るために過剰な皮脂を分泌していることが多いので、べたつきが気になる人も化粧水の後には乳液やクリームを使って乾燥を防ぐことが大切です。 バランスが良い保湿ケアをすることで肌のバリア機能が回復しますが、刺激のある成分を使うとバリア機能が壊れてしまうことがあるので刺激が少なく肌に優しい成分に着目して選ぶようにしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

十分な保湿こそ乾燥肌の改善への近道

潤いのあるプルプルとした肌を保てるのは10代くらいであり、20歳を超えたら様々な要因で乾燥肌に悩まされる事が多くなります。それは本格的にメイクを施すようになる事で、毎日のクレンジングや洗顔による刺激に...

乾燥肌をしっかり保湿して弾力のある肌に

乾燥肌で肌がかさついて痒みや赤みが起こり、困っているという女性も多いのではないでしょうか。乾燥肌は肌の角質に含まれる水分量が10%以下にまで減少している状態の肌をさします。乾燥すると肌バリア機能が低下...

水分と油分のバランスが大切な乾燥肌の保湿

風や水で刺激を感じたり体調によって肌の状態が揺らいでしまったりすることが多い乾燥肌の人は、肌内部の水分が不足しているために肌のバリア機能が低下している傾向があるので、保湿をすることに加えて肌の細胞が蓄...