十分な保湿こそ乾燥肌の改善への近道

潤いのあるプルプルとした肌を保てるのは10代くらいであり、20歳を超えたら様々な要因で乾燥肌に悩まされる事が多くなります。それは本格的にメイクを施すようになる事で、毎日のクレンジングや洗顔による刺激に加え、ストレスなどの環境要因が増えてくるからです。 実際に間違った方法でのスキンケアで、潤いを保つべき肌を乾燥させてしまうという悪循環に陥る場合もあり、中々キレイな肌をキープするのが難しくなってきます。女性の場合はホルモン分泌の関係によっても肌質は左右され、思いがけない肌荒れや大人ニキビに重度の乾燥を起こす事もあります。 それだけ女性であるという理由から肌トラブルに悩み、水気のない乾燥肌によってさらなる肌の悩みを抱える人も少なくはありません。そのような状態から抜け出すためには、何と言っても肌に十分な水分を与える事を心がける必要があります。

適切な水分による保湿は肌バリアの機能を高める

本来皮膚の役目は、ホコリや紫外線に雑菌などの外部からの刺激から守るというものです。その上で、必要以上の水分の蒸発を防ぎつつ、一定の水分による潤いを保つバリア機能という働きが備わっています。 このバリア機能の働きが正常に行われている場合は、外的要因による肌に対する刺激に対して強く対抗出来ますが、機能が衰えると少しの刺激でも大きな肌トラブルの原因となります。肌は皮脂膜と天然保湿因子にセラミドが整う事でバリア機能が高まり、潤いによって良い状態を保つ事が出来ます。 ただし環境因子や加齢にストレスなどによって、バランスが乱されやすくなるという弱い面もある事から、うまく潤いを保つ事が肌にとって重要な改善点となってきます。つまり肌トラブルと潤いはそれだけ密接な関係性があるという事になります。

しっとりと水分を含んだ肌はトラブルに強く悩みを減らす

近年発売されているスキンケアシリーズでは、セラミド成分配合の化粧水などが多く出揃っています。これは保湿を考えて毎日のケアにセラミドを与える事を目的としたものです。 肌のターンオーバーは、適切な水分量が保たれてこそ促されます。実際にセラミドを含んだ基礎化粧品で水分を一定量保ち続ける事で、適切な新陳代謝が行われます。その上で肌の状態が改善し安定する事で、乾燥によって引き起こされるシミやくすみの原因だけではなく、肌荒れなどの状態も回避出来ます。 加えてスキンケアだけではなく食事による栄養からのアプローチも有効です。良質なタンパク質や野菜に果物などのビタミンやミネラルをバランス良く取り入れる事は、しっとりとした肌を目指すには必要です。さらにコラーゲンたっぷりの素材も積極的に摂取し続ける事で、肌質の変化を実感出来ます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

十分な保湿こそ乾燥肌の改善への近道

潤いのあるプルプルとした肌を保てるのは10代くらいであり、20歳を超えたら様々な要因で乾燥肌に悩まされる事が多くなります。それは本格的にメイクを施すようになる事で、毎日のクレンジングや洗顔による刺激に...

乾燥肌をしっかり保湿して弾力のある肌に

乾燥肌で肌がかさついて痒みや赤みが起こり、困っているという女性も多いのではないでしょうか。乾燥肌は肌の角質に含まれる水分量が10%以下にまで減少している状態の肌をさします。乾燥すると肌バリア機能が低下...

水分と油分のバランスが大切な乾燥肌の保湿

風や水で刺激を感じたり体調によって肌の状態が揺らいでしまったりすることが多い乾燥肌の人は、肌内部の水分が不足しているために肌のバリア機能が低下している傾向があるので、保湿をすることに加えて肌の細胞が蓄...