乾燥肌に十分な保湿をすることでキメを整えることができる

肌質はその人によって違いがあるといいます。混合肌、脂性肌、乾燥肌などがあり、それぞれに特徴があるので自分の肌質がどんなものなのかを知っておくと化粧品などを選ぶときにいいといわれています。自分の肌質を知らない人も多く、化粧品は自分でこうだと思っているものを使っている人もいます。 自分自身の肌質に合っていない化粧品を使っているのでなかなか肌がきれいにならなかったり、肌荒れなどを起こしてしまう原因を作っていることもあります。肌質を知っておくことで肌を健康にきれいに近づけることができるといいます。まずは一度化粧品カウンターや皮膚科などで肌質を調べてもらうといいでしょう。 自分の肌質をずっと混合肌だと思っていたら実は乾燥肌だったという場合もあります。きちんと調べてもらい、自分に合ったものを使うといいです。

自分の肌質を知ることで肌を改善できる

自分の肌質に合った化粧品を選ぶときにはプロに選らんでもらうのが一番です。 乾燥しやすい肌の場合、肌が乾燥してがさがさしているという印象がありますが、実は人によっては皮膚を保護しようと脂が皮膚の表面を覆ってしまい、脂性肌のようになってしまうこともあるといいます。肌に触れたとき脂っぽいから脂性肌だと思うのではなく、自分の肌質をきちんと確認することで脂っぽい肌を改善することができるということです。 乾燥ぎみの肌だと脂性肌の化粧水などでは保湿をしっかりとすることもできないのでキメが粗くなってしまい、毛穴が目立ってしまったり、保湿をしていても足りていないのでさらに脂っぽくなってしまう場合があります。なのできちんと肌の状態を改善するためにも肌質に合ったものをプロに相談して使うことが大切です。

乾燥することで潤いが浸透しなくなる

肌のキメによくないのが乾燥です。なので乾燥肌の場合、乾燥している状態を改善していくことが大切です。まずは乾燥に効果がある化粧水や乳液でたっぷりと保湿をすることです。肌の乾燥に気づかずにいるとキメが粗くなるだけではなく、乾燥から守ろうとする肌の影響で脂が出てきてしまいニキビなどの原因になってしまいます。 まずは乾燥に効果がある化粧水、乳液、美容液などをしっかりと使うことで肌の奥にまで水分を浸透させることができるようになることが大切だといいます。正しい洗顔を行い、自分の肌質に合った化粧品を使って十分乾燥しないように潤わせておくことで肌のキメをきれいに整えることができるようになります。 自分の肌質にとって潤わせる成分が水分が少ないもの、逆に多いものなどを使うことで肌荒れを起こさないようにすることができるといいます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加